介護士の仕事内容ってどんな感じ?

MENU

CLOSE

介護士の仕事内容ってどんな感じ?

仕事まとめ

介護福祉士とは社会福祉分野で働く者に関する国家資格であり、専門的な知識や技術を駆使して身体上・精神上の障害があるために日常生活を営むのに支障がある人に対する支援を行う役職の事をさしています。そのため介護福祉士の多くは老人保健介護施設やデイサービスセンターのような高齢者のための施設で働いている人が多く、それぞれの施設での主体となっている存在であると言われています。


そんな介護福祉士の仕事内容とはどのようなものなのかと言うと、簡単に言ってしまえば高齢者の身の回りの世話全般であるとされています。その中でもそれぞれの高齢者にどのような支援や介護が必要なのかどうかと言うところを判断して対応すると言うのも重要な仕事内容となっており、高齢者一人一人の身体的な特徴や性格などをしっかりと把握しそれぞれの人に最適な方法で介護を行うようになっています。


一般的に想像されやすい仕事内容としては身体介護があり、例えば食事を上手く食べられないと言う人がいる場合は1人で食べられるように援助をしたりそれでも難しいと言う場合は代わりに食事を食べさせてあげるなどの介助を行います。ほかにも入浴や排泄に関しても1人でできるように支援するほかにも、寝たきりなど1人でできない場合は全ての段取りを介助するなどの介護があります。また1人でできるという人の場合でも安全に行えるように見守りを行うと言う事もありますし、1人でもできるように安全な環境を整えるようにするということも介護福祉士の重要な仕事のひとつです。


また身体的な介護以外にも高齢者の話相手になることで普段のコミュニケーションを図る以外にも、不安や不満に思っている部分を聞くということも立派な仕事内容のひとつです。ほかにもレクリエーション活動などの精神的な介護や援助も介護福祉士が行う仕事のひとつですし、施設によっては高齢者の送迎や調理など施設独特の仕事が加わる場合もあります。

介護士さんの要望を取りた派遣会社ランキング

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧