介護支援専門員の派遣での求人内容の特徴

MENU

CLOSE

介護支援専門員の派遣での求人内容の特徴

介護支援専門員の派遣

介護支援専門員の派遣

介護支援専門員は、介護求人の中でも介護福祉士や介護ヘルパーと同様、派遣業務としてのニーズが広がっています。こうした状況から、派遣社員として介護支援専門員の仕事をする方も多くなっています。介護求人は、人手が足りていない状態でもありますから、求人内容の特徴として挙げられるのが時給の高さです。これは、介護支援専門員として実際に働く場合、資格が求められるため、資格を持っていることが勤務条件となっていますので、その分給与額も比較的高くなることに繋がっています。雇用形態が派遣社員だとしても、福利厚生がしっかりしていることも介護求人の特徴となっています。派遣される介護支援専門員は、実際に介護を利用される方の相談に乗るだけではなく、介護利用者のケアプランを立てるにあたって介護ヘルパーと介護利用者の調整役としての役割も担っていますから、高度なコミュニケーション能力が求められています。ですから、求人内容には介護支援専門員の資格の有無が条件になっていますので、資格を持っていない方はできない仕事です。こうしたことも、介護求人の中では比較的待遇が良い職種だと言える理由となっています。その他にも、介護支援専門員は専門性が高いことから、仕事に関する知識が求められますし、これまでの経験も求められることが多いです。しかし、派遣の介護求人の中には、資格を持っていれば未経験者でも可となっている所もありますから、資格を取得したばかりでまだ介護支援専門員としての経験がない方でも、働きやすい職種だと言えます。派遣社員として勤務する場合は、時給制になるわけですが、介護求人の職種としては介護ヘルパーより給与が高めに設定されています。その他、派遣と言っても厚生年金や健康保険などの社会保険に加入できますから、介護支援専門員として長期間働きたいと考えている方にとって、派遣社員として仕事をすることも選択肢のひとつになるわけです。

 

きらケア|高時給の転職専門サイトはこちらへ!

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧