介護福祉士の実務者研修のパートでの求人内容の特徴

MENU

CLOSE

介護福祉士の実務者研修のパートでの求人内容の特徴

 

実務者研修

高齢化社会がますます進む日本にとって、親の介護のために働き盛りの年齢層が会社を退職する介護離職が社会的な大問題になっています。この問題は日本の経済成長や発展を阻害する要因ともなり得る為、国の施策としても介護業界をより大きく発展させて要介護者の支援を充実させていく目標を掲げています。平成12年4月に施行された介護保険法は数年に1回大きな見直しが行われています。求められるサービス形態が検討され、新しい種類のサービス事業が開始されることもあります。
介護求人は常に数多く存在します。介護業界自体の拡大が進む中、介護職の離職率の高さはいまだに高い状態で推移しています。介護の仕事は食事や排せつ、入浴など日常的な生活動作全てに介助が必要な高齢者もたくさんいます。身体的にも決して楽な仕事とは言えません。また、認知症の高齢者が増え続ける現状において身体ケアと合せて認知症ケアは精神的にも負担が少なくない仕事であると言えるでしょう。この様に仕事としても決して楽ではない内容に加え、給料水準もまだまだ仕事の大変さの割に高い水準であるとは言えません。国の施策としても介護職員の給与引き上げは課題とされています。
介護業界は常に人不足に陥っていると言っても過言ではありません。介護報酬が事業所収入の大半を占めている為、サービス利用稼働率を高数値で保っていたとしても、収入の上限は決まっているのです。その為に介護事業所職員は、一人一人の能力がサービスの根幹を支える貴重な存在ともいえるのです。
介護福祉士実務者研修を履修したパート職員は、大きな期待が持たれています。介護福祉士は国家資格であり、この資格取得は介護求人の中でも好待遇の条件で採用されることが少なくありません。実務者研修の履修は介護福祉士受験のための受験資格にもなっており、実務者研修の履修をしている職員はパートであったとしても現場の介護職員としては貴重な即戦力と考えられます。排せつや入浴、食事介助など、直接ケアが多い介護事業所においてその対応が求人内容に直結し、かつ給料面に関しても無資格者との差がある事業所は少なくありません。

介護士さんのための「高時給求人の派遣会社を探せるサイト」ランキング

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧