介護職員の初任者研修の派遣での求人内容の特徴

MENU

CLOSE

介護職員の初任者研修の派遣での求人内容の特徴

介護職員の初任者研修の派遣

介護職員の初任者研修の派遣

介護職員初任者研修修了者は介護業界の中でも職種を選ぶことが出来ます。
もちろん介護施設で働くこともできますし、訪問介護員として働くことも可能です。
介護求人の中でも派遣社員はいくつかメリットがあります。
まず、派遣会社が勤務先との懸け橋になってくれるので、面接や実際働くときまでの段取りがとても早いことです。
派遣会社に登録をしておけば、自分が会社に求める条件などを考慮した勤務先を探してきてくれるのです。
ですので勤務条件等で起こるトラブルも少ないのが特徴的です。
介護職員初任者研修修了者の求人の特徴は即戦力として勤務先から期待されます。
介護職員初任者研修は介護士としての基礎知識や技術を習得しているものだと認識されます。
ですので雇う側の観点からすると現場での即戦力として期待されるわけです。
そして即戦力を期待される代わりに資格手当が支給されます。
訪問介護員としては原則訪問介護員は介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)以上の資格を保持していないとできません。
ですので訪問介護員として働くためにはこの資格を保持していないとなりません。
介護施設で働くか訪問介護員として働くか選択をすることが出来るのも魅力の一つとなります。
しかし、派遣ですので契約期間というものもあり、3ヶ月の契約で派遣されると3ヶ月経ったときは更新するかしないかの
判断をされることとなります。それは企業側だけの選択ではなく、派遣社員として実際会社で働いたけど自分には合わないので契約は更新しないという選択をすることもできるのです。働く期間を自由に決めることができ、さらに勤務条件の希望を提示したり出来るのが派遣としての強みだと思います。ですので介護職員初任者研修修了者として企業に求められるスキルで仕事をすることが出来れば職員登用や給与アップにも繋がっていくと思います。
ですので転職や新規就職等に悩んでる方は登録してまずは派遣として仕事をしてみるのも一つの手かもしれません。

 

介護士さんが転職する際によく利用するサイトはコチラ

介護士さんのための「高時給求人の派遣会社を探せるサイト」ランキング

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧