実務者研修が活かせる仕事:派遣介護での仕事内容

MENU

CLOSE

実務者研修が活かせる仕事:派遣介護での仕事内容

実務者研修の求められる人材像とは?

実務者研修の求められる人材像とは?

実務者研修とは、より高い介護サービスの提供を可能とするための研修です。実践的な介護知識や技術を学ぶので、この研修を修了したうえで所定の年数と日数、実務経験を積むと、介護福祉士の受験への道が拓かれます。そしてもうひとつ、実務者研修の特徴としては、一部の医療行為に対する学習も含まれていると言う点です。その医療行為と言うのが、自発的呼吸が難しいために人工呼吸器などを装着している人や、嚥下機能が低下している人などに対する喀痰吸引と、自力で食事を摂取するのが難しい人などに対する経鼻経管栄養です。このふたつは、医療行為でありながら現時点では、所定の研修を修了し、実務を重ねその技術に合格が出された介護職に関しては、暫定的に行うことができると言う制度が取られています。その研修のひとつが、実務者研修と言うことです。派遣介護においては、施設に派遣されるのは勿論のこと、利用者が生活している自宅に派遣されることも多いことが想定されます。そこで行う仕事は、他の介護職と大差はありません。ただ実務者研修を修了し、一部の医療行為に関する研修、実技も修了しておくと、これらの医療行為も仕事に含まれるようになります。このような医療行為を行うことができる介護職はまだ少なく、しかし、施設ではなく自宅で生活している人たちの生活の質を安定、向上させるためには必要不可欠なことです。よって派遣介護においては、非常に重視される存在になることが期待できます。勿論、施設においても同様で、特に人手が少ない夜勤時においては、とても重宝されることが想定できます。また実務者研修を修了した介護福祉士に関しては、訪問介護の事業所においてはサービス提供責任者を名乗ることができます。これは派遣介護においても同様です。ですから派遣介護でありながら、そのような立場を任され、訪問介護利用の段取り、業者と利用者をつなぐ架け橋のような仕事内容を任されることも想定されます。いずれにしても、実務者研修を修了しておくと、派遣介護であっても仕事の幅が広がることが期待できます。

かいご畑で高い時給を得よう!

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧