派遣介護で働く介護職員基礎研修の仕事内容

MENU

CLOSE

派遣介護で働く介護職員基礎研修の仕事内容

介護職員基礎研修について

介護職員基礎研修について

超高齢化社会に突入している日本においては、介護業界はますますその発展が望まれていると言っても過言ではないでしょう。長寿国でありながら、少子化も進んでいる日本では家族で介護を行うことが可能な家庭環境の人は決して多くありません。この為にも平成12年4月より施行されている介護保険制度が始まりました。40歳以上になると介護保険料を支払うことで、要介護状態になった時に保険制度を利用して一部自己負担で介護サービスが利用できるようになりました。
介護事業の拡大は今後も続いていく中で、いまだに介護職の離職率が高く介護職員の人不足が慢性的な問題になっています。介護求人は求人情報誌を見ると常に掲載されている職種ともいえるでしょう。
介護事業所は介護報酬にその収入を依存している為、人員配置としては決して余裕をもって職員を充分に配置している事業所は決して多くありません。その為急に職員が退職すると新しい職員を採用して研修を経ていち職員として働けるようになるまでは、安定したシフト体制を作ることも困難になってしまいます。前述した通りに介護求人を出したとしても直ぐに採用希望者が集まるわけでもありません。このような時には派遣介護が活躍します。
派遣介護は、事業所が必要なタイミングで必要な人員を確実に補充できるメリットが事業所にあります。その分人件費は直接採用よりも負担が大きくなりますが、必要な期間だけスポットで即戦力が必要なことが多くなる介護業界は派遣介護の利用が多くあります。

介護職は即戦力が求められる


派遣職員は経験も含め即戦力としてその役割が望まれます。介護の仕事は食事、排せつ、入浴、離床介助など日常生活動作の一つ一つの介護支援を行います。その為介護職員基礎研修を履修していることは、一定の介護スキルを学んだ証であり、基本的な直接介護の技術を経験だけに頼らずに取得した確認にもなり、採用する事業所も安心して仕事を任せることが出来るのです。介護利用者一人一人の心身の状況の把握は必要ですが、チームケアを行うことで既存職員の指示と確認の元でさまざまな直接介護を実践する事が仕事内容となります。

高時給と好待遇を両立するなら介護士の派遣として働くのが良い理由

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧