知っておきたい実務者研修の基礎知識:新設予定の「認定介護福祉士」の役割

MENU

CLOSE

知っておきたい実務者研修の基礎知識:新設予定の「認定介護福祉士」の役割

認定介護福祉士とは?

認定介護福祉士

介護業界においては、特別な養成校などを卒業していない人でも、実務経験を積むことでキャリアアップが可能な道筋が存在しています。まず介護職員初任者研修と呼ばれる研修を修了します。そしてその後、実務者研修と呼ばれる研修を修了します。実務者研修は、初任者研修に比べるとより専門性の高い知識や技術について学習をします。また現時点で暫定的に認められている介護職の医療行為である喀痰吸引や経鼻経管栄養についても学習を修めます。これについては、その後、所定の実務経験を積み、それに合格することでこれらを行うことが許可されるような仕組みになっています。この実務者研修を修了し、所定の年数と日数、実務経験を重ねると、国家資格である介護福祉士の受験資格を得ることができます。これに合格すれば、晴れて介護福祉士として活躍することができると言うのが、現在のキャリアアップの流れです。しかし今後、介護福祉士の上に新たな資格が設立されるようになっています。その資格が認定介護福祉士です。介護業界における人手の不足は、現在でも深刻な問題となっています。ですが今後も高齢者、要介護者の数は増加する一方にあることから、この問題を解決するために、すなわち介護業界で働く人の数を確保するため、認定介護福祉士の新設が予定されています。キャリアアップを行うことができる、より専門性の高い資格があり、それに就くことで待遇などが優遇されるようになれば、介護業界で働きたいと思う人の数も増加することが期待できると言うことです。認定介護福祉士に想定される役割としては、まずは介護福祉士のそれが該当します。そこにプラスして、要介護者の生活の質を支える専門職としての役割、その人の生活の質を向上させる役割が挙げられます。更に介護と医療の連携を深める役割、地域社会とのつながりを保つ役割なども想定されている内容です。また介護福祉士よりも、後進の指導や教育、施設であればその管理維持に対しても積極的に関与する役割と言うのも、認定介護福祉士に想定されている役割です。

介護士さんのための「高時給求人の派遣会社を探せるサイト」ランキング

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧