移動介護従業者の派遣での求人内容の特徴

MENU

CLOSE

移動介護従業者の派遣での求人内容の特徴

移動介護従事者について

移動の介護従事者の仕事

移動介護従業者の介護求人の多くはヘルパーステーションが行っています。理由は、ヘルパーステーションに登録してそこから派遣される形で利用者のところに働きに行くためです。求人の段階では介護福祉士やヘルパーの資格を持っていると有利に採用される傾向にあります。
移動介護従業者として働くためには、都道府県知事が行う研修に参加しなければなりません。移動介護にも種類があり、全身性障害者、視覚障害者、知的障害者の3つに分かれています。それぞれ専門の研修に受けなければならず、ヘルパーステーションに登録した後、この研修の参加を促されることになります。
なぜ、専門の研修が設けられているのかというと、それぞれの障害に応じて支援の方法が異なるためです。視覚障害を持っている人はヘルパーにどのような情報を求めており、どのようにガイドをしてもらいたいのかをその都度ヘルパーに伝えるということも大変です。ヘルパーが間違える度に利用者は不快感を感じせっかくの外出も楽しくなくなってしまいます。さらに、ヘルパーが間違えたことによって大けがに繋がってしまうこともあり得ます。
これは、全身性障害者、知的障害者にも同様のことが言えます。全身性障害の場合、人によって麻痺や拘縮は異なり筋緊張の起こり方も違います。どのような支援をすることがその人にとって安全なのか、研修を通して学ぶことができるのです。
知的障害者の場合、突然走り出してしまったり、お店の物を開封して食べてしまうこともあり得ます。ちょっとしたことでパニックになって大声を出すということもあるため、どのような対応をするのが良いのかヘルパーは知識を持っていなければなりません。
ヘルパーステーションに登録すれば、ある程度利用者の性格や介助の方法は教えてもらうことができますが、ヘルパー自身知識を持っていないと仕事を行うことが難しくなります。お互いにトラブルにならないためにも、専門の資格を求められているのです。

介護士さんのための「高時給求人の派遣会社を探せるサイト」ランキング

 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧