訪問看護・介護施設に転職するメリット・デメリット

MENU

CLOSE

訪問看護・介護施設に転職するメリット・デメリット

介護士の転職について

介護士の転職

看護師にとっては、どの職場に勤めるのかで将来的なキャリアが大きく変わってきます。
国家資格がある専門職だけに転職しやすいものの、無計画に転職していては自分の希望する条件で勤務しにくくなってしまうので気をつけましょう。
さて、高齢者の増加によって介護施設の需要が増加しており、要介護者の日常生活の管理ができる看護師の求人が目立ってきました。
主に介護施設での健康管理が仕事になるので、医療機関に比べて負担が少なく、また常に医師による専門的な治療を要する重度の患者については提携先の病院へ搬送するため、日勤のみの勤務も選べるのが大きなメリットです。
訪問看護については、介護を行うヘルパーなどとチームで行動するのが基本でして、入浴介助といった1人では困難な行為の補助も行います。
気が抜けない病院勤務が辛い方や、結婚と出産によって第一線から退いていたブランクがある方に人気で、家庭やプライベートとの両立が可能です。
ただし、看護師としての本来の業務である医療行為は限られてしまう上に、同じ看護師の仲間が少ないことから、臨床経験を積んで最新の治療に取り組むといったキャリアアップが難しくなってしまうデメリットがあります。
常に緊張感を維持しながら行動したい方にとっても、ヘルパーと分業になっている介護施設では希望通りの勤務とはならない可能性があるので要注意です。
なお、介護施設に看護師として雇われる場合は、原則的に介護業務ではなく看護師としての仕事になりますが、人手不足の場合は介護業務との兼任になるので、求人に応募する前に仕事内容を確認しておきましょう。
転職に失敗してしまうとキャリアに大きな傷がついてしまうので、看護師専門の転職支援サービスなどを活用して、慎重に新しい職場を探すべきです。
求人数が増えている業界だから動向をチェックしておく必要はありますが、何よりも自分自身がどういった仕事をしたいのかを第一に考えなくてはいけません。

介護士さんのための「高時給求人の派遣会社を探せるサイト」ランキング

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧