重度の訪問介護従業者の派遣での求人内容の特徴

MENU

CLOSE

重度の訪問介護従業者の派遣での求人内容の特徴

重度の訪問介護従業者の派遣

重度の訪問介護従業者の派遣

重度訪問介護従業者の介護求人では、よくあるのがヘルパーステーションに登録をして、そこから派遣という形で利用者の元に働きに行くというスタイルです。重度訪問介護従業者の資格を持っていなくとも、ヘルパーステーションで研修を受講させてもらうことができることが多いため、求人の段階では資格の有無はさほど言われません。
派遣の仕事の内容は、基本的には一人で利用者の家に行き、食事や排泄介助といった身体介護から家事の代行といった家事援助まで様々な内容に及びます。利用者一人ひとりやり方やヘルパーに求めていることは異なるため、一人で行く前に数回先輩ヘルパーに同行して勉強することができます。重度訪問介護を利用している人は多くが身体的に大きな障害を抱えていることが多く、その分身体介護をする機会が増えます。利用者の体の特徴や注意点を知らないまま独り立ちしてしまうと事故につながる可能性が高いため、先輩ヘルパーやヘルパーステーションの責任者が独り立ちができるかどうか判断します。そのため、不安なことがあれば相談に乗ってもらうことができるのです。
重度訪問介護従業者としては働く時間は利用者によって様々なです。1,2時間で構わないという人もいれば、8時間がっつりと利用している人もいます。イベントがあって、この日は一緒に外出してほしいと頼まれることもあり、そのようなときは自然と長時間に及びます。利用者によっては、24時間誰かの援助を必要としており8時間ごとにヘルパーを交代して利用しているということもあります。その場合、ヘルパー同士で情報共有が必要になってくるため、口頭での申し送りの他にも申し送りノートを作ってそこにその日の様子や次に入る人に伝えたいことを記載する場合もあります。
さらに、ヘルパーステーションによっては仕事の度に支援に当たった旨を記載する書類を作る必要がある場合もあります。他にも、利用者宅には自車で行って良い場合と、公共交通機関を使うよう指示される場合もあります。

介護士のための高時給の派遣会社

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧